• スケジュールとお知らせ
  • 実績報告(PDF)
  • アンケート(報告書)
  • インターンシップ各種様式集

富山県インターンシップ推進協議会
(一社)富山県経営者協会内

富山県富山市総曲輪2-1-3
富山商工会議所ビル別館5階
TEL:076-425-0258
FAX:076-421-9952
E-mail:
internship@toyama-keikyo.jp

インターンシップ2017ガイド

インターンシップとは

インターンシップとは、学生と企業を結ぶ就職体験システムです。

インターンシップとは、学生の皆さんに「自分の適性や職に就くとはどういうことなのかを体験し考える機会」を与え、「将来進むべき方向を見極める」「学んでいる学科・科目の検証」の参考とさせることであります。インターンシップは学校教育においても、大変重要な位置づけとなっています。

参加学生の声を見る>>

インターンシップの概要

インターンシップは学生の皆さんに対する教育の一環として実施されます。就業体験を通じて、仕事や企業、社会への理解を深め、社会人としての素養を身につけるものです。アルバイトではありません。この目的を十分わきまえて、主体的・積極的にとり組んでください。

実施時期は通常、学生の夏休み期間中(8~9月)に行われます。それ以外の期間は学業に影響がない時期に参加してください。
実施期間は基本的に5日以上となっており、長期インターンシップの場合は1か月以上行われる場合もあります。

学生は、学校を通じて事前に「学生教育研究災害傷害保険」(学研災)と「学研災付帯賠償責任保険」 に加入することになっているため、実習期間中の学生の事故について、原則として企業は責任を負いません。参加前に、学校に保険申込みを行って下さい。

インターンシップのメリットは?

就職前に就労体験することで、学生にとってメリットのある形で就職活動ができます。
インターンシップする会社・職種によって得られるものは異なりますが、 新しい環境に足を踏み入れることで見えてくるものがきっとあります。

まったく未知の世界=社会で、まず働いてみること。そして、働くことの意味、楽しさやつらさを体感して、ビジネスマンとしての自分の適性やライフプランを考えてみること。「仕事と自分」、「社会人としての自分」がより具体的なイメージになってきます。

イメージ写真2

例えば、製造、営業、事務など企業の第一線に身をおいて、いろんな技術・知識・ノウハウにふれてみること。企業の先進性、独創性、ダイナミズムに刺激を受けて、自分なりに新しい時代の価値を創り出す夢が芽生えます。

イメージ写真3

学校での勉強・研究と、実際の業務を結びつけて考えてみることで、学業の方向性、目的意識がはっきりします。そして、自分に足りないもの、必要な素養は何かを知ることで、学業だけでなく、人との交流やいろんな活動を含めて、学生生活全般に大きなリターンがあります。

毎年多くの学生がインターンシップに参加しています

参加申込企業数と参加登録学生数のグラフ

近年の就職難や若者の離職率増加という現状から希望者も増加し、産学の密接な連携のもと、学生の職業観・就業意識を高めるインターンシップ制度はますます重要性を増しています。

学生の声

富山大学 理学部 春見 早映 さん

富山といえば製薬会社、また自身が所属している学科との関連性もあり、製薬会社のインターンシップに参加させていただきました。5日間のインターンシップの中で、その会社の特徴や仕事のやりがいや会社の雰囲気など、説明会だけではわからないことを肌で感じることができ非常に貴重な経験だったと思います。また、社員の方と触れ合う機会も多く、就活の話や大学時代のことなどを聞かせていただいき、大変勉強になりました。

富山県立大学 機械システム工学専攻 竹村 真人 さん

大学で学んだ設計の知識がものづくりの現場でどう生かせるのかを学びたいという思いから、三協立山株式会社様のインターンシップに参加させていただきました。設計部署に配属され、社員の方々の指導を受けながらサッシの設計図の製作を体験することができました。また工場や試験場の見学、グループでの課題討議や発表もあり、より多くの業務内容について学ばせていただきました。自分の将来やりたいことを決める上で貴重な判断材料を得ることができました。

富山国際大学 現代社会学部 川口 志穂 さん

(公財)伏木富山港海王丸財団のインターンシップでは、パーク運営、広報活動、帆船海王丸の維持管理、海洋教室の運営など様々な業務を体験させて頂きました。そこでは業務は異なっても「他者の目線になる」ことが大切であると学びました。例えば海洋教室では児童の能力にあわせた対応を心掛け、カップル向けのチラシでは大人向けのデザインを工夫しました。この経験を活かし、今後も他者の目線になり物事に取組むことを心掛けたいと思います。

高岡法科大学 法学部 中道 勇希 さん

私は中学生の頃から幅広い年齢層の方々にスポーツの楽しさ、大切さを伝えることのできる職業に就きたいという目標を持っていました。そんな時インターンシップ受け入れ先の中にグンゼスポーツクラブがあり参加しました。 5日間という短い期間でしたが、スポーツを通してお客様と関わっていくことの大変さ、大切さを知ることができました。そしてこのインターンシップを通して、将来「富山でNo. 1のスポーツクラブを作る」という夢も見つけることができました。

富山短期大学 経営情報学科 宮田 真里 さん

私はインターンシップに参加し、「社会人になるための自覚」と「学生のうちに何を学ぶべきか」が明確になりました。10日間という短い期間でしたが、私にはとても長く感じられました。それは、限られた時間の中で大勢の方々と触れ合い、新しい発見や自分に足りないところを見つめ直す“密度の濃い”研修をさせて頂いたからだと思います。また、社員の方々からの現場の声や実践を通して、更に学びが深まりました。

富山高等専門学校 本郷キャンパス エコデザイン工学専攻 佐渡 敬一 さん

私は2か所の企業、コーセル株式会社、株式会社アイペックのインターンシップに参加しました。毎朝の報告会、打ち合わせや、実際に企業で行っている作業の体験をさせて頂き、生の企業における活動を通して学ぶことは多かったです。また、どちらの企業でもチームで活動することが多く、限られた時間内で作業を終える難しさを感じることもありましたが、チームで力を合わせて一つのことを成し遂げる達成感も得ることができました。

富山高等専門学校 射水キャンパス 電子情報学科 中嶋 彩乃 さん

私は来年度から就職活動が始まる学年ですが、進路の方針すらも定まっていませんでした。いろいろな仕事を拝見できれば、進路を考えやすくなるのではないかと思い、参加させていただきました。5日間という少ない期間で、大変貴重なたくさんの体験をさせていただきました。実際に職場を見たり、体験したりすると、その業種への漠然としたイメージがはっきりとし、より興味を持つようになり、進路の方針も決まりそうです。

京都産業大学 外国語学部 鎌田 有香 さん

私は社会人になる前に興味のある記者の仕事が体験できると思い、株式会社北日本新聞社様のインターンシップに参加させていただきました。5日間の実習では記事の執筆から、新聞制作や営業企画の立案など実践的な業務を体験し、新聞社の仕事のやりがいや責任の重さを知ることができました。この実習では今まで知らなかった事を沢山学びました。インターンシップへの参加は、自分の将来を具体的に考えるきっかけを与えてくれたとともに、就職活動への意欲を掻き立てるものになりました。

福井工業大学 工学部 石坂 麻理香 さん

富山県の企業をインターンシップしたことにより、富山県の良さや自分の将来について考える機会が増え、とても充実した時間を過ごすことができました。短い期間でしたが、参加させてくださった企業を直接目にし、体験することによりその職種の楽しさや役割を少しでも把握することができたのは就職活動においてもインターンシップに参加して良かったなと思えるものでした。

長岡造形大学 造形学部 太田 早映 さん

高岡という伝統ある町でものづくりと関わりたく、株式会社ナガエ様のインターンシップに参加させていただきました。5日間という短い時間でしたが、毎日が新鮮で充実した時間を過ごすことができました。形のないところから1つの製品ができあがる過程を実際に見ることで製品を作り上げることの大変さ、各部署が連携することの大切さを感じることができました。さらに何をするにも自分が行うことに責任を持ち、常に相手のことを思い、何事にも気を配らなければいけないことの重要性を学びました。

上へ戻る
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...